京都国際・早真之介 監督も認めるプロ向きの性格(日刊スポーツ)


>京都国際に今秋ドラフト候補コンビの早(はや)真之介外野手(3年)釣寿生(つり・じゅい)捕手(3年)がいる。同校初の甲子園出場を狙った夏の全国高校野球選手権は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、夢は高卒即プロ入り。次のステージを目指し、再出発を切った。

>早は高校通算27発で左打席から広角に強い打球を放つ。1年秋の近畿大会では、今秋ドラフト1位候補の明石商・中森俊介投手(3年)から2本の二塁打を放った。

>釣は身長182センチ、強肩強打の右打ち大型捕手だ。高校通算25本塁打は早より2本少ないが飛距離は上を行く。

>「2人一緒にプロに行きたい」と言葉をそろえる。